情報ガイド

より似たぬいぐるみをつくるためのポイント!<写真編>

PECO Hug事務局には、かわいいワンちゃん・ニャンちゃんの写真が毎日届きます。
みなさま、送る前に写真を探し確認し、考えて送ってくださるなぁと感じています。

ここでは、より似たぬいぐるみをつくるためのポイント!<写真編>をご紹介します。
職人にとって、みなさまからの写真は重要なポイントになります!

【〇】          【×】
   

(1)これから写真を撮る
・カメラと解像度
・写真のクオリティー→(2)で説明します。
     ※照明が重要な鍵です!

  • カメラと解像度
解像度が400万画素以上の写真を撮影できる(4メガピクセル)
例:12MP 4:3

  • 照明:良い照明を確保する
昼間や屋外で写真を撮るのが最善です。
自然の光(ナチュラルライト)で撮ることにより、愛犬・愛猫の自然に近い毛色が写ります。

直射日光、夜の時間や暗い影を避けてください。
写真が明るすぎず暗すぎないように、適切な露出を確保してください。
内蔵フラッシュは使用しないでください。

【〇】          【×】逆光
  

愛犬・愛猫と同色の背景を避けてください。
赤いカーペットのような鮮やかな色は、愛犬・愛猫の毛色にも写ってしまい、現実とは異なった色味になってしまうことがあるので注意をしてください。

  (2)撮った写真を選ぶ
◆正しいフレーム
斜めからのショット(長いショット)は避けてください。(参考写真)
身体の全体が、全面に物体がなく隠れている部分がない状態にしてください。
解像度は設定できる中で一番高い状態に設定してください。
その周りに背景がほとんどないように囲まれていることを確認してください。これは画像のフル解像度を利用します。
【〇】          【×】斜めからのショット
  

◆正しいポーズ
作ろうしているぬいぐるみと同じポーズの写真を送ってください。(参考写真)
【お座り】
 

◆正確な焦点(フォーカス)
鮮明なフォーカスの写真を送ってください。(参考写真)
撮影時は、可能であれば、三脚を使用してください。
【〇】          【×】
  

(3)写真の種類:下記の1枚ずつ用意ください。(参考写真)
【からだ全体】        【お顔】
  
【背中】                           【しっぽ】
  
【からだ右側】         【からだ左側】
  

【おなか】

(4)特徴写真
あなたの愛犬・愛猫に柄(毛並み)や左右異なる色の目など特徴がある場合は、その部分の詳細がわかる写真を撮ることをおすすめします。(参考写真)
鼻周りの毛

毛の特徴

(5)アップロードする
写真のサイズを確認し、オリジナルサイズのままアップロードしてください。
(サイズの変更は行わないでください)

【姉妹サービス】「PECOBOX」は飼い主さんと愛犬のために、専門スタッフが上質なグッズやおやつをチョイスしてお届けする「ギフトBOXサービス」です。
【姉妹サービス】FOSTER POSTER PROJECTは、「少しでも多くの犬猫のいのちを救いたい」そんな思いから生まれた保護動物支援プロジェクトです。 愛するペットの写真を特大ポスターにして、保護犬・保護猫を支援するこのプロジェクトに、ぜひご参加ください。
QR

ページトップへ